北与野の歯医者|パール歯科医院 HOME > 咬める入れ歯にしたい【入れ歯・義歯】

入れ歯治療をお考えの方へ

入れ歯治療をお考えの方へ

入れ歯は本物の歯とは異なり、顎の骨に刺激を与えません。そのため、長年使い続けると顎の骨が痩せてしまい、ズレが生じてしっかり咬み合わなくなることがあります。こうしたトラブルが起こると、入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまったり咬んだときに痛みが出たりして、さらに使いにくくなってしまします。

イオンモール与野の歯医者「パール歯科医院」では、患者さん一人ひとりのお口の状態を正確に把握しながら入れ歯を製作・調整するため、痛みや違和感がない快適な入れ歯にできます。近年では非常に自然な見た目の入れ歯も多いので、交換もおすすめです。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には、健康保険が適用できる「保険診療の入れ歯」と適用できない「自費診療の入れ歯」があります。どちらの入れ歯にもメリット・デメリットがありますので、入れ歯治療をお考えの方や入れ歯の交換をお考えの方は、以下をご参考にしてください。

  自費診療の入れ歯 保険診療の入れ歯
画像

画像

画像

強度 壊れにくい 壊れやすい
熱の伝導 伝わりやすい 伝わりにくい
素材 金属やセラミックなどさまざま 歯科用プラスチックのみ
費用 比較的高い 比較的安い

当院の取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用プラスチックでつくられた入れ歯です。保険が適用されるため費用を大幅に抑えることができますが、その反面で耐久性が低く、食べ物の熱が伝わりにくいというデメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯です。見た目が自然で、周りの歯に負担をかけることもありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

入れ歯と歯根に専用の磁石を取り付け、磁力で固定するタイプの入れ歯です。周りの歯に負担をかけることがないほか、既存の入れ歯を使うこともできます。

金属床(チタン)

金属床(チタン)

人体に優しい金属素材であるチタンを床部分に使った入れ歯です。薄く軽く作ることができるほか、金属アレルギーの心配がほとんどありません。

金属床(コバルトクロム)

金属床(コバルトクロム)

コバルトクロムを使用した入れ歯です。金属床入れ歯のなかでは費用を抑えられますが、チタン製に比べると多少重さが出てしまいます。

治療後も定期的にメイテナンスを行いましょう

歯を失ってしまうと顎の骨や歯茎は痩せていき、それにともない口腔内の形状も変化していきます。入れ歯がだんだん合わなくなってくるのは、そのためです。そういった中でお持ちの入れ歯を快適に使い続けるためには、こまめなメインテナンスが不可欠。当院では入れ歯のメインテナンスを行っていますので、入れ歯に関するお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。