北与野の歯医者|パール歯科医院 HOME > 入れ歯やインプラントにならないための予防

歯を失う一番の原因をご存じですか?

歯を失う一番の原因をご存じですか?

ご高齢者の中には、歯を失ってしまったという方も少なくないでしょう。それが当たり前だと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、実は「歳をとると歯が自然に抜ける」というわけではありません。実は、虫歯や歯周病によって歯を失ってしまう方がほとんどなのです。

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病、第2位は虫歯です。特に歯周病は年齢が上がれば上がるほど発症しやすくなり、ケアが不十分だと歯を失うリスクが大きく高まることがわかっています。お口の健康を保つためにもっとも大切なのは、虫歯や歯周病をいかに防ぐかということなのです。

歯を失ったら、そのままにしてはいけません

歯は1本ずつ独立して立っているわけではなく、すべての歯が他の歯を支えながら絶妙なバランスを維持しています。それゆえ、1本の歯を失っただけでお口全体のバランスが狂うこともあるのです。失った歯を放置してしまうと、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • 失った歯と咬み合っていた歯が伸びて他の健康な歯を傷つける
  • 歯列がずれてお口全体の咬み合わせが乱れる
  • 食べ物を細かく咬み砕けないため胃腸に負担がかかる
  • 咬む刺激が得られないため、顎の骨が痩せやすくなる
  • 歯の隙間から空気が漏れるため発音しにくくなる
  • 顔や骨格のバランスが崩れてしまう

こうしたトラブルを防ぐためには、歯を失ってしまっても放置せず、入れ歯治療インプラント治療を受けることが重要です。

大切な歯を失わないために

虫歯や歯周病が発症すると、自然に治癒することはありません。放っておくと少しずつ進行し、最悪の場合には歯を失うことにつながります。入れ歯やインプラントは失った歯を補う大切な治療法ですが、なによりも大切なのは自分の歯を失わないこと。虫歯や歯周病を発症してしまった場合には、できるだけ早めに治療することが大切です。

もっとも重要なのは「予防」です

一度虫歯にかかってしまうと、治療のために虫歯に感染した部分を削らなければなりませんが、削ることで歯にはダメージが残り、寿命が縮んでしまいます。歯の寿命を縮めないためには、歯を治療しなくていいように予防の意識を高めましょう。

さいたま市中央区、イオンモール与野の歯医者「パール歯科医院」では、虫歯や歯周病の予防に力を入れています。ご自宅でのケアではきれいにしきれない汚れを予防歯科のクリーニングで徹底的に除去することで、口腔内環境を常に健全に保つことができます。