北与野の歯医者|パール歯科医院 HOME > 親知らずが痛む【口腔外科】

抜く?抜かない?親知らずの対処法

抜く?移植する?親知らずの対処法

「親知らず」は正式には「第三大臼歯」と言い、20歳前後になると生えてくる歯のことです。もともと親知らずは“普通の歯”だったのですが、現代人の顎には生えるスペースが足りないことが多いことから、周りの組織を傷つけたり歯並びを乱したりする“トラブルを招く歯”として認知されるようになりました。

親知らずは抜歯が必要?

親知らずは抜歯が必要?

親知らずは、残念ながら正常に生えてくることがほとんどありません。そのため抜歯が必要と判断されることが少なくないですが、場合によっては抜歯にならないケースもあります。

抜歯が必要な場合
  • 親知らずが邪魔でブラッシングしにくい
  • 親知らずが斜めや横向きに生え、痛みや炎症が起きている
  • 親知らずの周囲が虫歯や歯周病になってしまっている
  • 親知らずが他の歯を圧迫し、歯並びがずれている
  • 親知らずの影響で咬み合わせが悪くなっている
抜歯しなくてもよい場合
  • 歯ぐきからまっすぐに生えている
  • 咬み合わせが正常にできている
  • ブラッシングの際に支障がない

その他の口腔外科治療

イオンモール与野の歯医者「パール歯科医院」で対応しているその他の口腔外科治療についてご紹介します。

歯の外傷治療

外傷で歯が抜けてしまった場合、状況によっては元に戻すことができる場合もあります。できるだけ早めに当院までお持ちください。なお、顎の骨が折れているようなケースでは、口腔外科での治療が必要です。

口内炎治療

食事などがつらくなる口内炎は、舌や頬の粘膜、歯茎など、さまざまな個所にできる炎症です。ただし、「口内炎だと思って放置しておいたら実はガンだった」という事例もありますので、なかなか口内炎が治らない場合は一度ご相談ください。

顎関節症治療

顎の関節周りに痛みが出たり、口が大きく開けられなくなったり、口を開閉したときに関節から音が出たりするのが顎関節症の症状です。そのままにしてしまうと、偏頭痛や肩こりなどを引き起こす可能性があるため、早めの治療が大切です。